トップページ > ブログ > 怒涛のコスキン編 6 パレード

怒涛のコスキン編 6 パレード

 

 

午後6時待ちに待ったパレードです。女の子はお母さんたちに一人一人浴衣を着せてもらい、日本の民族衣装を身に着け出発地点のサン・マルティン広場へ向かいます。途中に行く先々で「una foto por favor」写真を撮らせて欲しいとお願いされます。あでやかな浴衣姿にアルゼンチンの人たちは興味津々。たぶん初めて見る日本の民族衣装でしょう。私たちも改めて日本の伝統文化の素晴らしさを思い知る事が出来ました。

COSQUINの文字を挟んで日本の国旗とアルゼンチンの国旗を持ちながら中学生が整列します。COSQUINが日本とアルゼンチンの縁を深く結んでくれたとの思いでパレードに参加しました。佐藤川俣町長はガブリエル・ムッソ市長と一緒にスタート前の演台の上で手を振っています。約600mの道の両側には溢れんばかりの人垣が出来、ハポン・ハポンの大合唱とカワマタ・カワマタの大歓声。Carnavalito Quebradenoの曲を演奏しながら歩くとその曲に合わせて手拍子をしたり歌をうたって喜びを表現している大勢の見物人。なんと2時間をかけて約130団体が次々とパレードをしました。

 

こんなところでVIVA動画(会場にいた女性SPです)

https://www.youtube.com/watch?v=3AdFoWSxF_8

こんなところでVIVA動画(パレードに参加する団体)

https://www.youtube.com/watch?v=1y2IbXEWyR4

 

 

このページの先頭へ