トップページ > ブログ > 遠くても心の一番近い国へ 5 ついにコスキン市

遠くても心の一番近い国へ 5 ついにコスキン市

 

いよいよ、コルドバ・バハス・ブランカス空港からコスキン市に向けて専用バスで約2時間、最後の移動です。コルドバはアルゼンチン第2の都市、あちらこちらで道路工事をしておりました。聞くところによると、高速道路ではなくバイパスを作っているとの事です。第2の都市と言ってもアルゼンチンの人口の半分はブエノスアイレスに住んでいるので、コルドバはちょっとした地方都市のイメージです。

コルドバからコスキンに向かう途中に人工の湖があります。コルドバの観光名所でもあり、多くの車がいたるところに停車しておりました。14年前と変わりないと思っていたら、かなり高いところに橋を建設中でした。橋が出来ればこの憩いの湖畔は通らなくなると思うと多少さびしい思いです。その後コスキン川を通ってついにコスキン市に到着しました。

ホテル プエルタ・デル・ソルに着いたのは午後4時、川俣を出発してなんと42時間かかりました。

 

遠くても心の一番近い国 (コルドバ編)完

 

 

 

 

このページの先頭へ