トップページ > ブログ > 遠くても心の一番近い国へ 2 Buen Viaje

遠くても心の一番近い国へ 2 Buen Viaje

   

 

1月23日出発式の後、午前10時いよいよこの旅の幕が開きました。そしてこの時に最後のミッションを言い渡され「VIVA動画を撮ってこい」とのことでした。バスの中では元気な中高校生ですが、この時点ではこれから味わう地獄の苦痛は知る由もなかったのです。

15時に予定通り、成田空港第2ターミナル3階Dカウンターに着き添乗員の話を聞いていると、こちらを見ている男性がおります。よく見ると蛇腹隊のメンバー島津氏だったのです。その後、またしても偶然に駐日アルゼンチン大使館のアラン・ベロー大使とイバン・ダ・ボンテ書記官と出会い、これからアルゼンチンに行くことを報告しました。

そしていよいよ、18時20分発のアメリカン・エアー・ライン060便で成田空港からダラスフォートワース空港へ出発したのです。ダラス・フォートワース空港までの飛行時間11時間35分、初めに出た機内食はポークの焼肉、ポテトサラダ、野菜サラダ、パン、デザートとまあまあおいしく食べ快適な空の旅だったはずでしたが、座席が狭いうえ身動きが取れずほとんど眠れないでダラスに着きました。写真はダラス空港24番ゲート前です。

 

このページの先頭へ